社会システム関連事業

幅広い事業領域で豊かな社会を実現し
人々の生活を支えます

サンコムの中でも最も幅広い事業領域を担う社会システム関連事業は、公共施設や空港などの電気・通信設備の新設・設計を行う「電設エンジニアリング」から、太陽光発電や風力発電の提案・開発・メンテナンスまでを行う「環境部門」まで多岐にわたります。どの部門も私たちの暮らしに直結しており、豊かな生活を支えています。

電設エンジニアリング

事業内容・今後の展望

社会インフラにおける電気・通信設備の新設・撤去からリニューアル、点検に至るまでをワンストップでサポートしています。
病院・大学・オフィスビルなどの公共施設や文部科学省・防衛省の電気・通信設備工事、高速道路の交通システム、空港における通信・防災・制御・監視・表示システム、河川・ダムにおける遠隔制御・監視・計測システムの設置工事など、これまでに培った豊富な実績と技術力で社会の変化に対応しています。
今後、5Gなどの最新技術の導入に伴う公共投資の他に、経年劣化しつつある社会インフラ設備の更新・維持管理や最新システムの新規構築などが増加すると予想されます。これらの領域に積極的に事業を展開し、スマートコミュニティの実現に寄与していきます。

実績

近年の大きな実績としては、空港の一般電気通信設備などの建物附帯設備・旅客・貨物ビル防災システムの大規模更新工事のほか、無人サービス化に向けてのチェックインカウンターやランプコントロールタワーの大型リニューアル工事、セキュリティ強化のための360度旋回型カメラの設置工事を行っています。
また、中央高速道路のETC・CCTV設備導入のための道路交通システム工事も行っており、社会のインフラ整備に貢献しています。
お客様のニーズに最高の形で応えられるよう、大規模インフラから地域施設まで、企業理念にある「豊かな生活を支える社会基盤づくり」をチーム一丸となって進めています。

主な事業領域

  • 一般電気設備工事
  • 電気通信設備工事
  • 建築付帯設備工事
  • 交通インフラ関連工事
  • 空港インフラ関連工事
  • CCTV系関連工事

環境エンジニアリング

事業内容・今後の展望

近年、環境への配慮は欠かせないものとなっている中で、サンコムでは環境部門をいち早く立ち上げ、太陽光発電や小形風力発電の提案・設計から開発、保守までをワンストップで提供しています。
主要事業の一つである風況観測タワーの建設では、通信設備の鉄塔建設で培った社内のリソースを最大限に活用することで、多くのお客様からのさまざまなニーズ対して柔軟にお応えしています。
今後は大型風力発電への新規参入と、災害時における被災地での電気供給に向けて太陽光、風力、蓄電池を組み合わせた自家消費型自立運転エネルギー供給システムなどの提案を行い、環境技術を通じて地域への社会貢献をしていきます。

実績

新しい考え方と既存の自然エネルギー関連企業にはないアイデア、そして細かな分析によるコストカットの成功により、多くのお客様から信頼を得てきました。
風況観測タワーは4年間で70基を日本全国に建設。また、デンマークSWP社製の小型風車を2年間で80基を販売・設置し、設置済みの風車のメンテナンスも継続して行っています。
太陽光発電においては、メガワットクラスの屋根上や野建て高圧案件を得意としており、造成を必要としない不陸対応、東西配置を含めた過積載設計など、狭い場所でもより多くの発電量を確保し、事業性をあげることで、お客様のニーズに沿ったサービスを提供しています。

主な事業領域

  • 太陽光発電所
  • 小型風力発電所
  • 大型風力発電所用風況観測タワー
    (提案、設計、施工、メンテナンス等)